大分 長湯温泉 大丸旅館(部屋・家族風呂編)
(赤ちゃんと泊まれる宿(無料 家族風呂) 2009.11)

炭酸泉で有名な大分 長湯温泉「大丸旅館」に宿泊した際の部屋、家族風呂(宿泊者 無料)の紹介です。
長湯温泉の町中にあり、御膳湯やラムネ温泉等にも散歩がてらすぐ向かうことができる場所にあります。
お宿についてすぐから、翌日の朝まで好きな時間になんどでも入ることができる無料の家族風呂は小さいお子さんのいるご家族にはお勧めです。

泉質:マグネシウム・ナトリウム・カルシウム−炭酸水素塩泉 源泉:46.8度
住所:大分県竹田市直入町大字長湯7992-1 電話:0974-75-2002
赤ちゃん連れの利便性:★★★★/温泉自身の雰囲気:★★★★/泉質:★★★★★
長湯温泉 大丸旅館
日本一の炭酸泉として有名な、大分県 長湯温泉にある、大丸旅館に宿泊しました。

お部屋は写真の十畳の和室です、川沿いに建物はあり、窓からは、左下のような風景を眺めることができます。

なにより、部屋にいて常に聞こえる川の流れの音が、のんびり癒してくれる感じですね。
夜、目が覚めた際に、雨が降り出したかと思ったりもしました^V^

料金は14010円のお部屋です。
部屋の感じはスタンダードって感じですね。
大丸旅館の部屋の様子
大丸旅館のお部屋の入り口は写真のような感じです。
自分の泊まった部屋は入って左側に洗面、トイレがあるような感じでした。

感覚的にはお部屋は値段相当か幾分高いくらいですかね〜
良くホテルや旅館にある、窓際のテラス?(2畳くらいのテーブルとイスを置いてる)があると、のんびり川の流れも眺めやすいかなーとは思いました。

ただ、なんと行っても後で紹介する温泉、食事が、素晴らしいですからね〜
特に料金に対して不満と言うことはなかったですよ。
大丸旅館の家族風呂(家族湯)
大丸旅館の家族風呂です。家族風呂(家族湯)は3カ所あって、これは川沿いにある半露天タイプの家族風呂です。このタイプが2カ所あります。
宿泊者は好きな時間に家族風呂(家族湯)が無料で利用できますよ。

ご覧のような面白い作りになっています。
お風呂自体は小さめで、洗い場、脱衣所共に小さめです。
家族4人で入るや、まだ立てない赤ちゃん連れ等であれば、大きい方の家族風呂(家族湯)がお勧めかと思います。(でも、こっちも面白いので入ってみるのはお勧め^V^)

うちのチビは、1才半にして、温泉のベテランですが、このお風呂には興味津々みたいです。
入って、さっそく覗き込んでますよ。

写真の手前が洗い場で、奥が浴槽です。
浴槽の先には川が広がっている感じです。


家族風呂(家族湯)からの眺め
大丸旅館の家族風呂(家族湯)からの眺めは、ご覧のように川を眺めながら、ゆったり入れます。
対岸に道路が登っていってますが、ほとんど車は通りませんので、そこまで気になるようなことはありませんでした。
浴槽に入ってしまえば見えませんし。

お湯は豊富で、加水、加温なしで、がんがんに掛け流しです。
はいっとくのにちょうど良い感じの温度でしたよ。

大浴場の男湯の露天はぬるめだったので、温かいのが良ければ家族でこられてるような方でしたら、あえてこっちの半露天に入るのもありかもですね〜

チビもぼえーっと、川を眺めて入ってました。
川には魚の姿も見え、カモも居て、なかなか楽しませてくれる家族風呂です。
大丸旅館の家族風呂2
大丸旅館の内湯タイプの家族風呂(家族湯)です。
内風呂と言っても、窓の外には川が流れており、窓をあければ、そう半露天と変わりないかもしれません。

こちらは、脱衣所、洗い場とも広めです。
(と言うか、半露天の方の脱衣所が、かなり狭いです。)

お湯はマグネシウム・ナトリウム・カルシウム−炭酸水素塩泉 源泉で46.8度(使用位置42度)です。
炭酸って感じはあまりしませんが、鉄分の香りのする気持ち良い温泉です。

「大丸旅館の食事」へ続きます。

大分温泉旅 家族風呂と観光情報へ


大分温泉旅 家族風呂と観光情報へ







RYOKUNO      BIKE       CAR            PHOTO(写真)              ペット(犬・猫)
 TOP         APE100      STEPWAGON      旅行記                   パピヨン
             CBR600RR    PLEO           赤ちゃんと宿・温泉            メインクーン
             TZR250R     LANCER          ガーデニング(ハーブとバラ)
             TZR250SPR
             アドレスV100